2012年08月22日

【書評】2022−これから10年、活躍できる人の条件[神田昌典]




前回、賢慮と言う言葉が出てきた。流動的な状況を逆手に取り勝ちを収める能力ということであるが、この賢慮は、戦いにおいて発揮される能力に限られているわけではなく、むしろ毎日の生活のあらゆるところににじみ出るもので、外に品格、内に賢慮というようなもののようである。

先週取り上げた『戦略の本質』に、賢慮型リーダーシップを持ち合わせている人としての特質が書かれているところがあるので、そこを改めて書き出してみると以下のような能力を持つ人物が賢慮型リーダーの人物像に当てはまる。(454頁)、

続きを読む


posted by 日本書を選定して読みあう会 at 00:00| Comment(0) | 会員用推薦図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。