2013年09月28日

講座 楽しく日本の古典文学を読む ご案内

【講座 楽しく日本の古典文学を読む ご案内】
【おかげさまで好評のうちに終了いたしました。次年度も更に内容を豊かにして開催します】

日時 9・28、10・12、10・26、11・9、11・23、12・7
いずれも土曜日13:30〜15:00(全六回、ただし通しで参加しなくても可)
会場 東京都立川市女性総合センター

地図
http://www.city.tachikawa.lg.jp/cms-sypher/www/section/detail.jsp?id=3211

お申し込み方法 立川市生涯学習推進センターへ電話で。 
電話042−528-6872
8月26日より受付開始

受講料3000円(一回500円。当日お支払いいただきます)

企画・運営 日本書を選定して読みあう会
どなたでもお申し込みできます。定員に達する前にお早めにお申し込みください。

内容
会の副会長、和田潔が、講師をいたします。古典文学を原文で読むには様々なアプローチがありますが、初心者でも分かるように、取り組みやすい書で学びます。平安、中世、江戸、近代とそれぞれの読み方だけでなく、楽しみ方も学びましょう。

補足
古典というと、つい辞書を引いて、文法を覚えて、一文一文を訳しながら読む・・・と思ってしまいがちです。そして古典は難しい・・・という結論になりがちです。しかし、古典は難しい・・・と思ったのは現代を生きる我々だけでなく実は江戸時代の人々もそうでした。そこで彼らは古典を読むための様々なアプローチを考え出し、楽しみながら読むようにしようと考え、それがずっと日本人の智恵として根付いてきました。

この講座では、当時の時代背景を考えたり、文化風習を考えたり、現代語とは違うおもしろい漢字の読み方を知ったりと様々なアプローチを楽しむことで、読みたい古典に自分で取り組みたくなる気持ちを育みます。

和歌や土佐日記、今昔物語、玉勝間、夏目漱石ら各時代の特徴を生き生きと記した書を読んでいきます。


posted by 日本書を選定して読みあう会 at 17:43| Comment(0) | 告知・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。