2017年10月30日

親子で伝え合い、深め合う読書会(小学校1年生〜四年生)用推薦図書一覧

◇◇推薦の基準◇◇
ここで紹介されている推薦図書は以下のような場所を参照して選んでいます。

青少年読書感想文全国コンクール
http://www.dokusyokansoubun.jp/books2013.html

全国学校図書館協議会
http://www.j-sla.or.jp/contest/youngr/

江戸川区読書改革プロジェクト 小学生へおすすめの本
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/kurashi/kyoiku/torikumi/dokushokaikaku_p/aa120010_20120731120044421/files/osusumesyougakuseipdf.pdf


ほか
光村図書 小学校国語教科書


◇◇親御さんへ 本を選ぶ際のヒント◇◇

現在、児童の図書のレベルの分類は、低学年、中学年、高学年のような三段階に分けるのが主流となっています。ここでは本の内容と読み手であるお子さんの認知的発達を考慮して学年ごとに分けています。ただしこの基準は絶対的なものではありません。お子さんの本に対する親しみ度を考慮して、自由に本を選んでください。

続きを読む
posted by 日本書を選定して読みあう会 at 10:45| Comment(0) | 日本書候補書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

【書評】パンダ銭湯 [tupera tupera]

笑いはどうやると生まれるのでしょうか。

笑いは意図的に生み出せるのでしょうか。これについては少し前までは笑いを生み出そうとする者の「芸」とか「経験」とかいわれていましたが、今はいろいろな分析的な研究もあり、こうすれば笑ってもらえるのではないか、という話の組み立て方が分かっています。
続きを読む
posted by 日本書を選定して読みあう会 at 17:51| Comment(0) | 日本書候補書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

【書評】100万回生きた猫 [佐野洋子]

『100万回生きた猫』というのは非常に有名な絵本です。それも子どもが読むもの(読むように言われますが)ではなく、大人が読んで深く考えるような本です。

大人が読むと、解釈がいくつもできます。そういう隙間というか余白があるのが、名作のゆえんなのでしょう。
続きを読む
posted by 日本書を選定して読みあう会 at 12:21| Comment(0) | 日本書候補書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

長きにわたりご支援くださりありがとうございました

東日本大震災の直後2011年の春より活動を始めた当会ですが、今年度6月の総会で、本年12月末を持ちまして解散するという決議をいたしました。ブログ読者の皆様には長きにわたりご支援をいただきありがとうございました。

会は最初インターネットでの書評の発信から始まり、徐々に東京の中央線沿いで読書サロンを開いたり、市民向けの古典講座を開くという形で活動を続けておりました。2014年春よりはじめた「アイディアひねり出しサロン」が12月で一段落着くことで、会の使命もひとまず終えることとなりました。
続きを読む
posted by 日本書を選定して読みあう会 at 21:35| Comment(0) | 告知・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

プライバシーポリシー

本サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーのご興味・ご関心に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。
posted by 日本書を選定して読みあう会 at 00:00| Comment(0) | 日本書候補書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする